女性の体型を維持するためには女性ホルモンを増やす方法が必須

男性

一人一人で構成が異なる

お腹

バランスが大事

ヒトの腸内には、たくさんの細菌が住んでいます。この細菌のことを腸内細菌と呼び、3万種類以上、100兆個以上の細菌たちがいて、重さにすると、1.5kgから2kgにもなります。約10mの腸内に生息している細菌たちは、そのひしめく様子から、腸内フローラと呼ばれます。フローラとは英語でお花畑という意味です。腸内フローラには、善玉菌、悪玉菌、どちらでもないものの日和見菌、3種類が大きく分けると生息しています。そして、腸内フローラでは、細菌同士の生存競争が行われていて、排除されたり、共生関係を築きながら、一定の数のバランスを保っている均衡状態である生態系が作られています。一人一人腸内フローラのバランスや構成は異なりますが、善玉菌2割、悪玉菌1割、日和見菌7割が理想的なバランスとされています。このバランスが崩れると、体調を崩したり、病気になったりします。なぜならば、免疫力の70%が、この腸内フローラによって成り立っているからです。腸内フローラ内では、一定数のバランスを保っているため、病原菌などの新しい菌が侵入してきた際は、縄張りを取られまいと、攻撃し排除します。この働きのおかげで、病気や老化防止となります。また、消化しづらい食物繊維を分解し、乳酸や酪酸を生成します。この働きを行うのは、善玉菌であり、代表的なものとしてビフィズス菌などがあります。そして、生成された、乳酸や酪酸の多い環境では、悪玉菌は生息しにくい種類も多いため、ここでもバランスが取られています。腸内フローラでは、他にも、ビタミンを生成したり、お通じにも大切なドーパミンとセロトニンを合成する働きもあります。

Copyright © 2017 女性の体型を維持するためには女性ホルモンを増やす方法が必須 All Rights Reserved.